韓方文化祭り

韓方市場の道が開ける

>韓方文化祭り>薬令市のご紹介

薬令市のご紹介
361年の歴史と伝統を持つ大邱薬令市は、韓国はもちろん海外にまで韓方薬材を供給してきた世界的な韓方薬流通の拠点として名声を高め、2001年、韓国ギネス委員会から韓国内最古の薬令市として認証を受けました。
2004年には韓方関連分野初の韓方特区に指定された、有形·無形価値の高い韓国の貴重な文化遺産です。

薬令市のご紹介

소개사진 薬令市は、1658年(孝宗9年)頃、韓方薬材収集の効率性を高めるための国策事業の一環として年に2度(春と秋に1ヶ月間ずつ)、大邱城北門近くの客舎の庭に開設されたが、1908年、日本によって大邱城壁が撤去されてからは現在の位置に移転することになった。 日帝による強制占領期には独立運動に必要な資金調達と連絡の拠点となったので継続的な弾圧を受け、1941年には薬令市が閉鎖された後、光復(独立)後に薬令市が再開されたが、1950年の朝鮮戦争で再び廃止された。 朝鮮戦争終了後、姿を変貌した韓方薬材の常設市場が現在の南城路一帯が韓方通りとして定着した。

現在、薬令市は南城路と東城路3街、桂山1·2街、 壽洞 、鍾路2街、壮観洞、上西洞の一部を含む全長715メートルの道路沿いに多くの商店街が分布しているが、その中でも韓方薬関係の店舗(約70%~80%)が密集している所を指す。

1988年8月1日、保健社会部(現在の保健福祉部)から伝統韓方薬市場に指定された当時の面積は324筆地3654.9m2であったが、参加業者の増加により次第に圏域が拡大されつつある。 大邱薬令市は中央大路と達句(タルグ)一帯を横切る都心に位置しており、現在運行中の地下鉄1号線と2号線が徒歩2~3分以内に位置しているので大衆交通手段でもアクセスしやすい。

薬令市の起源に関する諸説

약령시의 형성배경 大邱薬令市(テグ·ヤクリョンシ)の形成背景については学者によって様々な見解が示されてきた。 特に、大邱薬令市の形成に関し、大市説、中国朝貢説、日本輸出説、大同法実施説、自然発生説の5つの説がある。

まず、大邱薬令市の発生動機が薬剤の効果的な採集のために、中央と地方政府の計画と支援の下、国の政策的な必要によって生成されたという大市設は、生産者と仲介商との流通を円滑にする卸売市場としての大市的特性を持っているという説である。.

第二に、慶尚道地方で豊富に産出される薬材が朝貢品の一つとして提供されたという、中国への朝貢説は、当時の時代的状況に照らして薬剤を効率的に収集するために開設されたという説である。

第三に、日本からの朝鮮薬剤の需要が増加したことから、輸出用薬剤の効率的な収集のために大邱薬令市が発達し始めたという日本輸出説は、1943年に出版された「大邱府史」でもこれを裏付けている。

そのほかにも、 貢人に特産物を代納させたいう大同法実施説と、交通および優秀な薬剤が自生する地理的利点から自然発生的に薬令市が発生したという自然発生説もある。 このような諸説から、大邱薬令市は国家レベルだけでなく、地域レベルで非常に重要な役割と機能を担っていたことが分かる。